CIO シェアコラム

CTOとは?求められる資質や役割、キャリアパスについて解説

CTOとは、「Chief Technology Officer」または「Chief Technical Officer」の略で、最高技術責任者と訳される企業の技術戦略における最高責任者です。

本記事では、CTOの役割や必要な知識・経験、キャリアパスなど、CTOに関する情報をまとめました。

CTOとは

CTO(最高技術責任者、Chief Information Officer)は、自社の経営戦略に合わせた技術戦略の構想と推進する役割と言われています。
具体的にCTOは、企業の技術者代表として技術戦略の立案、実行や研究開発の監督などを含むテクノロジーの採用、導入に関わる検討や実行推進、研究開発部門の統括を行います。

その他、CxOと呼ばれる役職には、COO(最高執行責任者、Chief Operating Officer)やCIO(最高情報責任者、Chief Information Officer)などもあります。

CIOについては、CIOの役割や必要な知識・経験、キャリアパスなどを以下の記事で紹介していますので、ぜひ合わせてご一読ください。
CIOとは?必要な知識・スキル・経験やキャリアパスについて解説



CTOの役割

技術戦略の立案

経営戦略の決定はCEOCOOが行いますが、技術的な面での戦略、ビジョン策定はCTOの役割です。

企業によっては、企業の情報戦略を統括するCIOと共に、DX(デジタルトランスフォーメーション)の推進の役割を担っている場合もあります。

日頃から技術動向のチェックや情報収集を行い、企業のビジョンや目標を実現するために、採用すべき技術は何か、長期的な開発者の視点から、企業経営やサービス開発全体を俯瞰し、状況に沿った判断をする能力が必要となります。

人材の確保・育成

自社に必要なエンジニアの採用や育成もCTOの業務の1つです。より強い組織にしていくために必要な人材を検討して採用を行い、自社に定着してもらうための活動を行います。また、既存の社員も含めたモチベーションの管理、キャリアパスの整備、育成計画、後進指導などが挙げられます。

CTOとCIOの違い

CTOとは、「Chief Technology Officer」または「Chief Technical Officer」の略称で、日本語では「最高技術責任者」と訳すのに対して、CIOとは、Chief Information Officerの略称であり、日本語では「最高情報責任者」と訳されます。

自社の経営戦略に合わせた技術戦略の構想と推進を行うCTOに対して、CIOは自社の経営戦略に合わせたIT戦略の構想と推進を行います。

技術部門の責任者であるCTOと、企業のIT戦略を統括するCIOは、特にIT関連企業では役割が重複するケースも多くみられます。

CTOに求められる知識・スキル・素養

CTOは、技術者として技術分野を極めた延長線上にあるのではなく、経営メンバーであるCxOの一員です。
そのため、技術分野の知識や技術を運用・活用するための思考力に加えて、リーダーシップ、柔軟なビジネス思考、経営に関する知識など、幅広く深いスキルや知識が必要です。
CTOは他のCxOと同様に、専門分野である技術に精通するだけでなく、経営やビジネスに対して、どのように技術を活かし、インパクトをもたらすことができるかを立案して実行する能力が求められます。


<CTOに必要な知識・スキル>

  • プログラミングの知識や開発経験
  • マネジメントや経営の知識



<CTOに必要な素養>

  • 最新技術や情報を収集する能力
  • 企業の方針に沿った技術運用・活用法を検討する思考力
  • リーダーシップのある人間性

CTOになるためのキャリアパス

ここまでCTOの役割やCTOになるために必要な要素を述べてきましたが、CTOになるためにはどのようなキャリアを歩むことでCTOになる方が多いのが良いのでしょうか。

一般的には次の2つの方法があります。

エンジニアから社内でCTOへ昇格

入社した会社の現場でリーダー経験を積むなど実績・信頼を徐々に重ねた後に、企業内部で評価を受けて、CTOのポジションにつく方法があります。

転職による就任

スタートアップの創業期からCTOとして参画する、または、CTOへの就任を視野に入れて参画する方法があります。

一般的には、こちらのケースの方が多くみられるようです。



メールマガジン会員登録・お問い合わせ

CIOの登用を検討されているユーザ企業の人事担当者様や、CIOを目指したいと思っている方、当協議会の活動に興味・関心を持っていただけた方は、ぜひメールマガジンのご登録をお願いいたします。 ご不明な点やご相談等がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

投稿者プロフィール

田中
田中
新卒でSIerに入社し、法人営業、商品企画を担当。後に株式会社グローバル・パートナーズ・テクノロジーにコンサルタントとして入社。2021年より一般社団法人CIOシェアリング協議会の運営に関わる。